浚渫工事
バックホー方式、クラムシェル方式
港湾・河川などの水底をさらって土砂などを取り除く、浚渫工事の請負を行っています。
 
スパット式組立台船
 
真空吸引圧送システム
真空吸引圧送システムは、これからの浚渫工事の切り札です。汚泥回収方法が先端吸引アタッチメントによる真空吸引方式のため、浚渫作業時の現場周辺の汚濁が極めて少なくすみます。この水質浄化を目的とした自然環境にやさしい技術を、全国に幅広く展開すること。それがグリ−ン興発の使命であると考えています。
〈特長〉
●高含泥浚渫の実現
高含泥率(50〜70%)吸引で余水処理の省力化、固化材の低減化を実現。
●水中汚濁の低減
汚濁水の発生拡散が極めて少ないためシルトフェンス不要。
●夾雑物の吸込抑制
特殊な吸引ヘッドで夾雑物の吸込がほとんどゼロ。
●どんな施工条件でも
施工条件に幅広く対応する豊富なラインナップ。組立式構造で施工場所を選びません。メンテナンスが容易で連続運転も可能。
◆標準仕様(SAP-150型)
●全長:18.75m
●浚渫能力(公称最大)80m3/H
 …シルト質土含水比150%
●全幅:9.30m
●全高:5.3m
●標準圧送距離1,000m(150A)
●吃水:0.80m
●重量:92.6t

施工条件に応じて圧送距離は延長可能です。
 
組立式バックホウ台船 掘削作業